馬場 光二郎

Kojiro Baba
 
400年前の古伊万里への憧憬が生んだ
若き感性と伝統を行き来する、伊万里焼の新しい息吹


伊万里港を見下ろす腰岳の頂上に工房を構える「文祥窯」。
その3代目である馬場光二郎さんは、ある日九州陶磁文化館で出会った
古伊万里の美しさに心を打たれ、その「古拙の美」を現代に甦らせたい、と考えます。

現在主流となっている天草陶石ではなく、初期伊万里の原料である泉山鉱石にこだわり
採石も自分で行い、割れやすい鉱石と向き合い、孤軍奮闘。
現代の伊万里焼とは一線を画す、味わい深い温かみのあるうつわたちが生み出されます。

型打ち、染付、日本古来の美しい文様が繊細に浮かび上がるお皿には
和菓子洋菓子はもちろん、旬の野菜の彩りが映えます。
和と洋、古と新が織りなす「文祥窯の世界」に海外からも熱い視線が注がれています。


コラムはこちら
https://petal-web.com/blog/1745/

商品はありません